組織は 人が 生きて 成長する場
Living & Growth
そこが活力と熱中とプライドでみなぎる場所となるためのお手伝いをいたします
リビングロース・コンサルティング株式会社のホームページはコチラ

2012年01月30日

ソニッケアー

届きましたフィリッピスのソニッケアー ダイヤモンドクリーン。

歯科医院向けをネットで購入したので、
外箱や保証書など無かなと思っていたけれど、どちらもありました。

さっそく使ってみました。
5種類ある歯磨きモードの中で、一番ソフトそうな
センシティブモードというので2分間。
磨き過ぎでエナメル質を削るのが怖いので、歯茎に軽く当てるだけ。

音はちょっと大きいですが、慣れれば大したことはなさそう。
まだ歯茎が少し腫れているので、痛いかな、血が出るかな、と
恐れていましたが、痛くもなく、血も出ませんでした。

ただ、使い方に慣れていないせいか、2分間という設定時間は
アッという間で、全部磨ききれません。
2分たつと電源が切れて自動的に振動が止まります。
もちろん、スイッチを入れればすぐに動き出すんですが。
取扱説明書には2分/回を1日2回と書いてあります。
何度でもOKとは書いていない。
磨き過ぎるといけないのでしょうか?

手磨きよりも歯と歯茎を傷めないはずなので、
今まで歯磨きをしていた分はソニッケアーに置き換えても大丈夫、
と解釈することにします。

で、標準モードで上あご2分、
ガムケアモード(標準2分+歯茎マッサージ1分)で下あご2分、
最後の1分で上下の歯茎をマッサージ。

ただし、絶対に歯ブラシのヘッドを歯に押し付けない。
軽く当てるだけ。
手磨きだろうと、電動歯ブラシだろうと、磨き方が重要。

取説にはあまり詳しく磨き方が書いてありません。
ネットで歯周病ケアについて調べたところ、
道具には得手不得手があるらしく、
電動歯ブラシだけでは万全ではないもようです。
そこで、フロスと薬用マウスウォッシュを併用することにしました。

歯磨き粉は、いちおう電動歯ブラシ用のものを購入したのですが、
ソニッケアーの場合、歯磨き粉は「使ってもいい」という扱いらしいです。
私は歯磨き粉は付けず、水だけで洗っています。
歯磨き後にマウスウォッシュで口をゆすげば、清涼感も十分。

まだ、歯肉が少々腫れており、
左側奥歯は上下共、ちょっと歯が浮いた感じがあります。
歯の根元を「チィーッ」と吸うと、まだ何となく味がする。
(これがなんとも嫌なんです)

音波電動歯ブラシとフロスと薬用マウスウォッシュの合わせ技で、
どこまで改善していくのか、楽しみです。

ところで、今日は1月30日。
もう1年の12分の1が過ぎようとしています。
時がたつのはあっという間だな。
私も生物である以上、刻々と死に近づいているのだな。
おおぉ!
と、去年も全く同じことを思いました。

成長しておりません。
posted by Livingrowth at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体メンテナンス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53364285
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック