組織は 人が 生きて 成長する場
Living & Growth
そこが活力と熱中とプライドでみなぎる場所となるためのお手伝いをいたします
リビングロース・コンサルティング株式会社のホームページはコチラ

2018年10月27日

高齢猫の手術57(10月の出張終了)

10月最大の難関だと思っていた富山三日連続日帰り出張が無事終了。この日をうちの子と共に迎えられるかどうかは50/50と思っていたのでしみじみと嬉しい。

初日は午後からのお仕事だったのでゆっくりできたけれど、2日目3日目は朝4時起きで飼い主の方が結構きつかった。乗り切ったなぁ。

1日2回、麦生の世話をしてくださり、LINEの速報(無事か否か)、アルバム&動画、そして通常のレポートを送ってくださったシッターさんに感謝。

すごく嬉しいのだけれど手放しで喜べない気分なのはこの2週間、嘔吐と咳とおしっこの頻度が増えていること。そして昨夜、足が何度かふらついていたこと。心配の種は尽きない。足元のふらつきは出張中、強制給餌があまりできず体力・体重が低下したせいかもしれない。

今回の出張でありがたかったのは『まあ、今日は大丈夫でしょう』と思いながら家を出られたこと。逆を言えば、非常に状態が悪い時に仕事に出なくてはならないときのことをリアルに想像してしまった。う〜〜ん。。。

11月上旬の富山出張に向けて飼い主と飼猫ともども体力つくりに励まなくては!

昨夜から免疫力向上対策のサプリ(センダンα)をまた一つ導入。出張中に入手していたのだけれど与えるのは私が自宅にいる週末からにしようと思っていた。このサプリのせいかどうかは不明だが今朝の便は少しやわらかめだった。

おしっこの回数が確実に増えてきているのは腎臓の状態が悪くなってきているせいだと思う。自宅で皮下輸液ができれば体調が少しは楽になるので、今朝、針を刺すところまではやったのだけれど、動かれてしまい、輸液ができなかった。

寝ている時にできれば一人でもできそうなのだけれど、最近はソファー下が定位置になっていて、注射針が刺しづらい。これもどうにか工夫したいものだ。

来週から11月。飼猫の病と死のことばかりを考えている数か月だったけれど。そろそろ飼い主も気持ちを切り替えなくちゃなぁ。。。別れは不可避であるし。できる限りの努力はしている。この努力を継続しながら、不安と恐怖を克服し、麦生との生活を楽しむことができますように。

それではまた。
posted by Livingrowth at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢猫の手術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184787383
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック