組織は 人が 生きて 成長する場
Living & Growth
そこが活力と熱中とプライドでみなぎる場所となるためのお手伝いをいたします
リビングロース・コンサルティング株式会社のホームページはコチラ

2018年10月09日

ありがとう

久しぶりの「高齢猫の手術」以外のブログです。と言っても、今は生活の8割くらいは飼猫の世話に掛かり切りなので話題は猫がらみですが。

闘病カテゴリーに書くほどシリアスではない話題。うちの子が体調を崩し、水も飲まない状態になったのが先月の9日。ちょうど一か月たちました。

怒涛の一か月。癌の肺転移がわかり(9/16)、強制給餌を止め(9/20)、とにかく食べてくれるなら何でも良いという体制に入り、治療・延命よりもQOL。少しでも居心地よく、穏やかにを心掛ける日々です。

とはいえ、お薬とサプリを飲ませるときにカロリーのあるものをシリンジで飲ませるのはいいよね、と、やっぱり延命にも未練がある飼い主。

今までの人生、さしたるトラブルに見舞われることなく、少数ながらよき友人や先輩、同僚、上司などに恵まれ、のほほんと生きてきました。

体の方は年齢相応にガタは来ていますが、親が頑健に生んでくれたおかげでどうにか頑張れています。

問題は心・神経の方。私は起こってもいないことをあれこれ心配し、自分を追いつめるタイプ(のような気がする)。一人暮らしなので自分の精神状態は自分でチェックして、異変の兆しを掴んだら速やかに対策を打たなければと思っています。

その一方で、「まあ、なんとかなるでしょう」、「ギリギリのところでするっと上手いこと生き延びるのが私」という根拠のない自信というか、楽観もある。南国生まれ南国育ちのDNA(と思っている)。

とりあえず、今、一番感謝しているのは両親です。二人とも高齢で決して万全な体調ではないのですが、どうにか乗り切ってくれています。そして、麦生と私のことを何よりも心配してくれています。もし、今、両親に何かあったら、正直、私は選べません。神仏、ご先祖様に二人を守ってくださるよう祈るばかりです。

友人にも心からありがとうを言いたいです。特に私と麦生の歴史を知っていてくれる人たち。ブログで私がバンバン弱音を吐いているものですから、心配メールや評判のよいサプリ情報やらの連絡をくださったりします。いざとなったらSOSを出せる人たちがいるというのは本当に心強いです。もし、いつか、逆の立場になったら御恩返しができたらいいなぁと思います。

麦生の闘病を支えてくださるプロの方々にも感謝し尽くせません。主治医の先生、シッターさん、そして、アドバイスをくださる人間のお医者様。本当のプロって心までケアしてくださるのだな、自分もそういう領域まで到達したいなと思います。

あと、お会いしたことはないのですがよくお邪魔をする猫ブログの飼い主さまやYahoo知恵袋等に相談をアップされた猫さんの飼い主さま。特にYahooの方は飼い主さまの苦しさ辛さ、藁をもすがりたい思いが我がこととしてわかります。獣医さんが回答してくださるサイトもあり、読んでいると辛いこともあるのですが学ぶことが多くてありがたいです。苦しいのは自分だけじゃない。頑張ろうと思える。

インターネットというテクノロジーにも感謝しています。ネットがなければ私のような行動力のない人間が情報を手に入れるのは難しいので。

そういえば、先日視たNHKスペシャル「マネー・ワールド〜資本主義の未来〜(2)仕事がなくなる!?」は面白かった。孫正義さんのAIに対するスタンスと新井紀子教授のスタンスが結構評判になっていた。

私はインターネットまでは自分の公私にわたる生活にメリットをもたらしてくれてありがたいと思っているけれど、AIに対してはどうだろう。平均寿命まで生きるとしてあと35年。どんな世界が待ち受けているのだろう。

なんだかとりとめのないブログになってしまいました。麦生は日がな一日寝ています。生きている。ありがとう。

それではまた。
posted by Livingrowth at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | オフの日常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184638447
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック