組織は 人が 生きて 成長する場
Living & Growth
そこが活力と熱中とプライドでみなぎる場所となるためのお手伝いをいたします
リビングロース・コンサルティング株式会社のホームページはコチラ

2018年09月28日

高齢猫の手術53(ワンオペじゃなかった)

麦生の闘病も終盤を迎えた今、一番つらいのはワンオペ介護ということ。生死にかかわる決断を一人でする苦しさ、愛するものを失う切なさと迫りくる死への恐怖を誰かと共有できない辛さ。

全てを一人で背負うのはかなりきつい。でも、のんびり気ままな一人と一匹の生活を今まで謳歌してきたのだから受け入れるしかない。

とは言っても10月は出張が多い。茨城、山口、富山。うちの子にとって病院はこの上ないストレスなので病院に預けるという選択肢は早々に捨てた。お客様のご了解の下、全て日帰りにしたけれど、富山出張に至っては3日連続。

私がいてもできることはあまりない。でも、寝たきりになっていた場合、排泄後の清拭はできる限り速やかにやってあげたい。

さすがに肺がんと腎臓病から来る食欲不振と体調不良で、「あと数週間」と言われている猫のシッターは引き受けてもらえないのだろうなぁ、、、と思いつつ、ダメもとで長年お世話になっているシッターさんにメールをしてみた。

「どんな状態であっても、お留守中、江田さんの代わりに麦生ちゃんを見守ります」との返事をいただく。

まさか受けていただけると思っていなかったので逆に戸惑う。ワンオペだと思っていたけれど、身近にこんなにも力強いサポーターがいてくださったなんて。キモが座っているというか。プロってすごいなあ。

ありがたくて、ほっとして涙が出てきた。まずは来週の出張を乗り切ろう。前日に打ち合わせをして、当日は2回来ていただくことにした。

さて、麦生の今の状況。

9/20午前6時のキドナを最後に強制給餌は止めた。今は、高齢猫用のウェットフード(パウチ)とちゅーるとザナベレウリナリー(ドライタイプの腎臓病療法食)をごくわずかずつ。好きな時に食べてもらっている。

私から食べさせることはしないけれど、ちゅーるは小皿に入れて鼻先までもっていったりはしている。

体重を維持する必要量には全く及ばない。強制給餌を止めた場合、長くて2週間くらいと獣医さんはおっしゃっていた。歩けなくなり寝たきり状態(不食不飲)になると長くて3日とのこと。

飼い主にとっては心の消耗戦。「この子にとってはこれが自然な状態」と自分に言い聞かせ、心を安らかにするよう努める。瞑想したりしながら。

ただ、今、非常に心配になってきているのが肺がんの症状。単発の咳と喘息発作のような咳。一昨日は単発咳21回、喘息発作2回、昨日は単発咳29回、喘息発作2回、そして今日。昨日を上回るスピードで単発の咳をする。

肺がんは末期になるまで症状が出ず、体調悪化のために検査をして癌がわかった後の進行が速いらしい。ネットでは2週間という記事もあった。腎臓病と比べると肺がんの猫さんの闘病ブログは少ない。闘病期間が腎臓病と比べると短いからだろう。

肺転移がわかった9/16から日に日に咳の回数が増えていくのを見ていると、進行が速いというのを実感させられる。咳の数を数えても何もできないのはわかっているのだけれど。

麦生は泰然としている。私も受け入れなきゃ。

今の飼い主の心の状態は、上がったり下がったり気持ちが急変するのとはちょっと違う。泰然とした麦生を見て、「これでいいんだな」と穏やかになる自分がいるのだけれど同時にソワソワ・ヒリヒリと神経が傷ついている状態。自分の中に二人の自分がいる。統合できず苦しい感じ。

でも、やはり、一瞬一瞬を共にいる時間を与えてもらったわけだから大切に過ごそう。

全ての生き物が幸せでありますように。
posted by Livingrowth at 13:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 高齢猫の手術
この記事へのコメント
えだちゃん、久しぶりにブログを拝見して、むぎちゃんのこと知りました。
むぎちゃんもえだちゃんも辛いね。
いつか、乗り越えなくてはならない試練だけど、えだちゃんの気持ちがひしひしと伝わってきます。
こんなこと言って、能天気と感じるかもしれませんが、、気持ちをしっかり持って寄り添ってあげてね。
私も来るべき日に思いをはせて、遠くからむぎちゃんとえだちゃんにエールを送っています。
お困りのこと、なにか役に立てることがあったら、遠慮なく知らせてね。
Posted by 曽根岡由美子 at 2018年09月29日 12:06
そねおかさん!
コメントありがとうございます。麦生は落ち着き払ってるんですが飼い主はだめですねぇ。辛いよ。。。「強制給餌はもう止めた」と決意したのに、「自分からフードを食べた後にちょこっとやってみるのはいいよね」と注入器にキドナ(腎臓病食のミルク)をセットしていみたり。本当に「気持ちをしっかり持たなきゃ」です。頑張ります。もうだめぇってときはSOS出すので助けてください! じゃあ、またね。わんこちゃんたちによろしく。
Posted by えだ at 2018年09月29日 16:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184535113
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック