組織は 人が 生きて 成長する場
Living & Growth
そこが活力と熱中とプライドでみなぎる場所となるためのお手伝いをいたします
リビングロース・コンサルティング株式会社のホームページはコチラ

2018年08月20日

高齢猫の手術46(咳)

先週1週間、ほぼ自分から食事をしなくなったので100%強制給餌。「ちゅーる」を与えるとペロペロ舐める。それが食欲を呼び起こしたのか、1日に1、2回くらいはドライフードを食べるようになった。ほんの数粒だけれど。

トイレの粗相が5回ほど。ボケたり、目が見えなかったりするわけではない。トイレのふちに乗って用を足すのだが、向きを間違ったみたい。5連続というのはちょっと??だけれど。これはそんなに心配しなくてもよい(気がする)。

気になるのは咳。喘息のような。咳の後は決まって吐く。空腹時に咳き込んで吐くパターンと、強制給餌の直後に咳き込んで吐くパターン。高齢者も誤嚥性肺炎は要注意というから注入器で餌を流し込むときは気を使ってはいるのだけれど。

今朝、咳き込んだ後、嘔吐。少し血が滲んでいるようだ。咳き込みすぎて気管に傷がついたのだろうか。

病院に連れていくか悩む。通常なら病院に駆け込むところなのだけれど。いろいろ検査をしたとして効果的な治療法があるなら連れていく意味もあるのだけれど。

検査のための検査をしても辛いだけだから。まずは先生に症状をお話して診察をうけるかどうかを決めよう。

病院通いは大きなストレスになるのでできるだけ連れて行きたくない。QOLが上がるようなら連れて行く。お薬をいただきに行く際、そういう相談に丁寧に応えてくださる先生なので本当に感謝している。

今週半ばから月末まで飼い主はお客様先に詰める日が続く。乗り越えよう。

全てのいきものが幸せでありますように。
posted by Livingrowth at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢猫の手術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184216218
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック