組織は 人が 生きて 成長する場
Living & Growth
そこが活力と熱中とプライドでみなぎる場所となるためのお手伝いをいたします
リビングロース・コンサルティング株式会社のホームページはコチラ

2018年07月27日

断捨離したい!

部屋の乱れは心の乱れ。大人なので散らかしはしないけれど日に日に部屋がくすんでいく。

ああ、フローリングにワックスをかけたい。いらないものを悉く捨て去ってしまいたい。

ミニマリストの部屋みたいに静謐に包まれて暮らしたい。

何となく私の中に“ミニマリスト部屋”のイメージがあるのだけれど、それって普通?、勘違いしてない?。あんまり自分を信用できない。特に新しい概念については。

そこで、「ミニマリスト 部屋」で検索したら、「ミニマリストの部屋の7つの特徴」という記事が出てきた。

特徴1:低反発マットレスがある。ですと。ベッドじゃないってことね。マットレスでもいいけど、そのマットレスは寝るとき以外は見えないところに収納しておきたいな。でも、ミニマリストの部屋は収納スペースが少なく、家具もない。ただの箱だ。

箱といえば、1996年から2年間、JR芦屋駅前のオフィスビルの40平米のスペースに住んだことがあった。夜間の住民は私だけ。オフィスビルだから。

北側には六甲山脈、南側はJR芦屋駅、そのはるか向こうに海。北と南は全面腰高窓。あけ放つと風が通る。収納なし。40平米のただの長方形の箱。

あそこは最高だった。芦屋の駅前生活は今思えば一種の断捨離だったような。居心地のよい会社、居心地のよい住まい、気心の知れた温かい仲間。大好きなものや人に囲まれて自分と周囲の境目がどんどん曖昧になるのに焦りを感じて、とりあえず会社を辞めて、とりあえず東京へ引っ越しした。

でも、あそこは今でも思い出す。もう一度住みたい部屋だ。

ミニマリスト部屋の特徴2:椅子と机が質素。

私の机は高価ではないけれど質素とは言えない。たぶん。英BISLEY社のスチールキャビネット2つに分厚いガラス天板を渡して机にしている。昔のおしゃれ系男性誌の「ボクの書斎」特集とかに出てきそうな感じ。日本製と違って結構いい加減な作りで引出しの開け閉めとかものすごくきつい。使い勝手ははっきり言って悪い。でもいいの。見た目が好きだから。

椅子はもっと凝っている。木を選んで体に合わせて作ってもらったセミオーダー品。トチノキ本柾目の虎斑入り。一時、「年齢と同額の物を自分にプレゼントする」というのが流行っていませんでしたっけ?バブルっぽいけれどバブルよりもかなり後。前いたコンサルファームをそろそろ辞めようと思っていた時期。尋常じゃなく猛烈に働いていたので自分へのご褒美として。結局、その後、3年くらい勤務したけれど。

当時42歳だったから42万円。本当は41.5万といわれたけれど、「42歳の記念なのだから42万にしてくれ」と言ったら、椅子作家さんがとても驚いていた。椅子を作った余りのトチノキで素敵なカップを作ってくださり、きっちり42万にしてもらった。

あーあ。ミニマリスト生活は特徴その2で挫折。この机と椅子は手放せない。

ちなみに残りの特徴は、3.家賃が異常に安い、4.洋服が10着以内、5.同じ靴が3足、6.Apple製品が好き、7.座る場所がない(スペースはあるけれど…板張りはおしりが痛い?)という具合。ちょっと偏ってないですかね…。若い男の子のミニマリストだからだな。中年女性のミニマリスト部屋を参考にするべきだった。

なぜ、今、断捨離をしたいのか。

20年間のコンサル生活で詰め込んだ知識がちょっと邪魔。最近は、「へー、そことここがくっつくか!」という統合がかなり起き始めていて、それはそれで楽しい。でも、直観力は鈍る。知っているが故の恐怖が増す。

コンサルが知識を持ってお客様の恐怖を正確に理解することは大事だと思う。でも、自分自身は恐怖心を克服したい。

優秀な人は積上げた知識を整理して統合したり体系化したりしながら直観力も駆使できるのだろうけれど。私はそこまでキャパが大きくない。だから、捨てるものは捨てて空き容量を増やしたい。

めざすは、多くの知識を蓄えているけれど頭の中はすっきり整理統合・体系化ができていて、必要な時に必要なものを即座に取り出せる頭の良さ。

お客様の恐怖の根源が何かを理解して対処できる知恵と胆力。

情熱、楽観、ユーモア。状況を俯瞰する余裕。自分を信じる力。そんなところ。かなり欲張り。

「来月から異次元突入プロジェクトがスタートする。中旬以降だな、ワクワク。」と余裕をぶっこいていたらリリースした途端クライアント様側でいろいろなご反応が起きた。

そっか。最初に対処すべきは「不安」なのだな。φ(..)メモメモ。

とりあえず体力つけておこう。あと、ヴィパッサナー瞑想。
posted by Livingrowth at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサルタント道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184016576
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック