組織は 人が 生きて 成長する場
Living & Growth
そこが活力と熱中とプライドでみなぎる場所となるためのお手伝いをいたします
リビングロース・コンサルティング株式会社のホームページはコチラ

2018年06月29日

高齢猫の手術44(アゾディル再開)

突然の下痢の原因がラプロスなのかアゾディルなのかを検証し始めて16日。下痢の原因はラプロスではなかったみたい。これで安心して腎臓病(の悪化を遅らせる)薬を続けることができる。

次はアゾディル。先生と相談して規定の半分の量から再開することにした。免疫力強化のためには腸内環境が重要らしいので乳酸菌系のサプリは何かしら飲ませたい。癌の再発予防に少しでも役に立つのではないかと思って。

根拠はないけれどアゾディルも大丈夫な気がする。猫ってそういう生き物だ。

目下の気がかりは体重。強制給餌も続けているけれど。。。なかなか増えない。

私が食べる玄米の3倍以上のお値段の超プレミアムなグルテンフリーの腎臓病用ドライフード。またまたぱったりと食べなくなった。おいしそうなんだけどな。

夏の先取りみたいな天気だと思っていたら、梅雨が明けたらしい。関東甲信地方で6月中の梅雨明けは観測史上初なんだそう。平年が7月21日というのはちょっと驚きですが(そんなに遅かったっけ?)。

今週は3日間、研修のお仕事が入っていたので飼い主はもうヘロヘロだ。運動で痛めた足の甲も一向に腫れが引かず、駅弁のいかめし状態。いつになったら治るんだろう。鎮痛剤も効かないし。

「6末頃ですかねぇ〜〜」と言っていた提出物がいくつかあった気がする。。。確かあった。やらねば。

すべての生き物が幸せでありますように。
posted by Livingrowth at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢猫の手術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183676386
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック