組織は 人が 生きて 成長する場
Living & Growth
そこが活力と熱中とプライドでみなぎる場所となるためのお手伝いをいたします
リビングロース・コンサルティング株式会社のホームページはコチラ

2018年06月14日

高齢猫の手術43(経過)

突然の下痢が6/1。サラゾピリンでいったん回復に向かうが6/9朝にかなりな水様の下痢。6/10からサラゾピリンの量を2倍にして様子見。

6/11朝は水のような下痢。夜、2回目のうんちで突如大復活。きれいなかりんとう型うんち!

6/12もいいうんち。

6/13、朝のうんちは三歩後退。夜のうんちはGood。でも、もともとうんちは1日一回なので、まだ本調子ではない。夜、ベッドの上で久しぶりのケホケホの後、嘔吐。

6/14。ケホケホ、ゼーゼーの後、嘔吐。この喘息のような咳は1か月以上止まっていたのに昨日から喘息と嘔吐がセットでやってくる。うんちはまあまあいい形。

昨日から強制給餌で与えたフードをそのまま吐いている感じなので、強制給餌がためらわれる。ただ、体重が下げ止まらないので強制給餌は続けた方がよいと思うのだけれど。

深夜、カシャーンと何かが割れる音。ソファー横の小テーブルに載せていた小鉢を麦生がチョチョイと落とす。

ゲーム感覚?もう廃盤になった商品なので探すの大変なんだけどな。コーヒーカップやケーキ皿などいくつ割られたことだろう。

不思議と全然腹は立たない。チョチョイと押して動くような物をテーブルの上に置いておく方が悪いのだから。

ラプロスを飲ませた後に吐いているような。気のせい?観察しておこう。

すべての生き物が幸せでありますように。
posted by Livingrowth at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢猫の手術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183542211
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック