組織は 人が 生きて 成長する場
Living & Growth
そこが活力と熱中とプライドでみなぎる場所となるためのお手伝いをいたします
リビングロース・コンサルティング株式会社のホームページはコチラ

2018年05月31日

 理想的な研修の形

私生活がストレスフルな状態なので、仕事が順調なのがありがたい。

半年かけて提案してきたチェンジマネジメントとイノベーションのための研修&組織開発提案がようやく実現の運びとなった。

この案件では、まず、2〜3の組織間で相互尊重の関係性を作るためのワークショップを実施する。目的は組織間において信頼にかかるコストの削減。

相手のことを良く知らないといざ仕事で協力しようとしてもスムーズな意思疎通ができるようになるまで非常に時間がかかる。信頼のベースがないからいちいち相手の発言の裏をとったり、深読みや忖度をしすぎてわけがわからなくなったり。

このような信頼がないためにかかってしまう時間や労力を「信頼のコスト」と言います。

ムダなコストなので排除したいのですが、信頼(の有無)は組織風土に染みついているので、「さあ、今日から〇〇部の人たちのことを信頼しますよ」とはいかない。

座学やグループ討議等とは異なるスタイルのワークショップを開催して、相互理解、相互尊重の機会を作る。組織を相手にしたコーチングと言ってもよいかもしれない。

組織風土改革で信頼の土壌を作りながら、第二弾として「負けない企画作り」の研修を実施する。過去の失敗の数々から、失敗のパターンを抽出し、対策を考えて打つ。

春頃にコンテンツ開発を行っていた失敗学研修の系統です。

ただ、今回の案件はかなり限られた、高度に専門的な、おまけに私にとっては全くの専門外の領域なので、クライアントの部門責任者の方々のご協力がなくては1ミリも進められない。それで実現するのか心配していたのですが、ようやく環境が整った。

負けない企画作りで、「大勝ちはしないけれど、少なくとも負けない」という状態にして、第三弾は「人と違う発想」のため研修になる。いわゆる発想法を用いたワークを行う。

発想法のツールは一応決めている。5,6年前に勉強して、大枚はたいてツールを用いたワークショップを開催する権利を買っていたもの。今まで、リーダーシップ研修の中に部分的に取り入れたことはあったけれど、研修の柱に持ってくるのは初めて。

第三弾の実施はまだ先の話なので、クライアント様のテーマに合わせた方法のアレンジを考えよう。

これら三つをお客様のビジネスの中心で(先端で)、お客様と一緒にコンテンツを開発していくことになる。楽しみ。

さて、ジリアン体操をして、麦生の強制給餌と投薬をして、お仕事をしよう。

明日から6月。いろいろ、流れが速い。

それではまた。
posted by Livingrowth at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | オンの日常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183377831
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック