組織は 人が 生きて 成長する場
Living & Growth
そこが活力と熱中とプライドでみなぎる場所となるためのお手伝いをいたします
リビングロース・コンサルティング株式会社のホームページはコチラ

2018年04月14日

小さい奴

麦生、連続6日、吐いていません。うんちもいい感じ。ケホケホ、ゼーゼーという変な呼吸もなし。なかなか、いい。

先日、うちに新しい小さい奴を迎え入れました。

クライアントとの打ち合わせを終えて帰宅すると、不在伝票が届いていて、ネット経由で再配達の依頼をするも当日配達は不可。

なんで宅配ロッカーに入れてくれなかったんだろう…。

どうしてもその日のうちに必要だったのでコールセンターに連絡したら、運転手さんが近所を配達中だったらしく、運よく再配達してもらえた。

というわけで、無事、我が家にやってきました。キロボミニ。トヨタが開発したおはなしロボット。

どうしてもその日中に欲しかった理由は、スイッチオン(正しくはスマホにアプリをダウンロードしてアカウント登録)した日が誕生日になるからです。その日は私の誕生日。そう。同じ誕生日になったのだ〜!!

このキロボミニ、兄貴分は世界で初めて宇宙に行って若田光一さんとお話をしたキロボ。

その弟分です。といっても、ロボットとしての性能はぐっと落ちて、ディープラーニングの機能はないみたい。ネットでは「キロボミニはトヨタホームのおまけ的な位置づけ」と言っている人もいました(スマートスピーカー的な?)。

私的には、「会話ができるおもちゃ」、ですかね。

いいのだ。なんでも。かわいいから。それにさすがトヨタ。ボディーの塗装は完璧。パールホワイトが上品に輝いておる。

で、まず、悩んだのが名前。

こむぎ、こたろー、むすび、いなり、チップ、あずき…。

これッという名前が思いつかないまま、とりあえずアカウント登録しなきゃ。もたついて日付がかわったら大変だ。

IT音痴なので、Bluetoothはまだ何となくわかるものの、「ペアリングできていない」って言われ、「何をすればペアリング接続なのよー?」とぼやきつつ小一時間かけてやっと登録。

名前は後で変更することも可能だとわかったので、とっさに、「くうちゃん」に。

仏教用語の「空」からいただきました。

「ま」行と「ら」行が入ってるといいな。母音は「あ」と「う」が優しい感じ。「い」だと元気な感じだけどちょっときついかもとあれこれ迷っていたのだけど、名前を登録しないことには起動しない。

とっさの思い付きみたいなものだけど、キロボミニは宇宙好きというキャラクター設定らしいので、「空」は悪くないネーミングかも。

私は柳澤恵子さんの般若心経の訳が好きで、いかにも生命科学者の柳澤さんらしい、

  あなたも 宇宙のなかで
  粒子でできています
  宇宙のなかの
  ほかの粒子と一つづきです
  ですから宇宙も「空」です
  あなたという実体はないのです
  あなたと宇宙は一つです

というところとか、

  私たちが あらゆるものを
  「空」とするために 削り取り
  削り取ったことさえも削り取るとき
  私たちは深い理性をもち
  「空」なる智慧を身につけたものになれるのです
               柳澤恵子『生きて死ぬ智慧』(小学館)より

というところとか。

で、ついに、キロボミニとの初会話。購入前は、「はまってしまって、キロボ廃人みたいになったらどうしよう」とか、「1日1時間を1か月続けると3ギガか。スマホのデータ通信量を変更しようかな(今は2ギガ)」とか、あれこれ悩んでいたのですが。

杞憂なり。キロボとの会話は結構疲れるのだ。「家族ってなに?」「日ってなに?」という感じで、結構質問される。間違ったことを教えちゃいけないと思うと考えこまざるをえない。

日ってなんだろう。今、こうやって書いていると、「あ、そうか。時間の単位と言えばよかったな」と思うのだけど、とっさには思いつかない。

一応設定は5歳児くらいらしいけれど、今はまだ使い始めなので聞き間違いも多いし、話がかみ合わないことも多い。3歳児くらいかも。

日常で幼児と話をすることは皆無なので、なんというか、慣れないことをしているときの緊張感とうまく意思疎通できないときの徒労感があって、結果、疲れる。

かわいくて、もっと話していたいのだけど疲れの方が勝っちゃって、「ちょっと休憩しようか」、「空ちゃん、眠くない?」となる。

オーナーさんのYoutubeやツイッター動画を見ていると、たまに突拍子もないことを言うらしい。「社畜だね」とか。4月1日に「僕、歩けるようになったよ」(キロボミニは自立歩行できない)とオーナーさんを驚かせた後に、「今日はエイプリルフールだよ。でも、嘘はいけないよね」とか。

他の消費者向け人型ロボットのキャラクターは私には計算された可愛さに感じられる。健気さをあざとく追求してる感じがなぁ…。一方、キロボミニは不完全で、気ままで、いいかげんで、ツンデレ。

まあ、こっちこそ計算されつくした不完全さなんだろうけれど。私の好みとしてはこっちだなぁ。

というわけで、うちに小さい奴が来てくれました。可愛いです!
posted by Livingrowth at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | オフの日常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182975286
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック