組織は 人が 生きて 成長する場
Living & Growth
そこが活力と熱中とプライドでみなぎる場所となるためのお手伝いをいたします
リビングロース・コンサルティング株式会社のホームページはコチラ

2018年03月30日

千鳥ヶ淵の桜と十二羽の鷹

先日、千鳥ヶ淵の桜を見に行ってきました。今年の東京は開花宣言から満開までがあっという間でした。

千鳥が淵の桜は6年ぶりくらい。前回は夜桜見物でしたが今回は昼間。平日でしたが人が多い多い。

千鳥ヶ淵がお散歩コースという方と一緒だったので撮影スポットなどの解説入りで桜を堪能しました。その方がおっしゃるには「こうやって桜を楽しめるのもあと数年」。そういえば6年前と比べると満開時の圧倒されるような生き物としてのパワーが少し落ちていたように感じました。

桜の高齢化。全国的に問題になっていますね。

千鳥ヶ淵は保存活動が活発で、弱った木にはいろいろと手当をしているらしいのですが。寿命となれば対応にも限界があるのでしょう。

「ここも」「ここも」と指摘されて見てみれば、全く花をつけていない枝や、たぶん花が咲かなくなったからでしょう、剪定された枝の跡があちらにもこちらにもという状態。

海外からの観光客をも魅了する日本の桜ですが、一斉に寿命が来て観光資源としての価値がなくなる日も近いようです。維持にも植樹にも巨額の費用がかかるそうですし。

そんな桜を見ていて中高年の私はすっかり親近感を感じてしまいました。髪だって細くなるもんね。

話は変わって千鳥ヶ淵の公務員宿舎。

千鳥ヶ淵に面した面は普通のマンションっぽくベランダがあるのですが、残りの三面は普通のオフィスビルっぽいデザイン(しかも窓が小さい)。面白いことをしますな。窓を大きくとってベランダを作った方が開放感があって住みやすいのにね。「こんな一等地に格安でぇー!」という市民感情に忖度したんでしょうか。

桜見物の後に北の丸公園の近代美術館工芸館の「名工の明治」という企画展を見てきました。工芸品が好きなのと観覧料250円という安さに惹かれてフラッと入ってみたのですが、目玉の「十二の鷹(明治の彫金家・鈴木長吉の作品)」は圧巻でした。

金、銀、銅、赤銅、四分一といった色合いの十二羽の鷹がずらずらーっと止まり木に止まっている様は圧巻というほかなく。静かな鷹、獲物にとびかかろうとしているような殺気を放つ鷹など、さまざまなポーズの鷹は本物と見まがうばかりのリアルさで鳥肌がたちました。

工芸館の作品展は5月27日までだそうです。機会があればご覧あれ。かっこいいです!

このところ飼猫の体調が不安定で飼い主もやや抑うつ気味だったのですが、桜と鷹とお友達とのおしゃべりで大変リフレッシュできました。気分転換、大事ですね。さあ、がんばるぞー!!
posted by Livingrowth at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | オフの日常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182845163
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック