組織は 人が 生きて 成長する場
Living & Growth
そこが活力と熱中とプライドでみなぎる場所となるためのお手伝いをいたします
リビングロース・コンサルティング株式会社のホームページはコチラ

2018年03月30日

高齢猫の手術36(便秘?)

3月半ばまで食欲不振と下痢と嘔吐のトリプルパンチでずいぶん心配したのですが、ようやく落ち着いてきた、と、思いきや。

今度は便秘。生まれてからこのかた、うんちは規則正しく一日一回だったのに、今は3,4日に一日うんちをしない日が出てきました。手術後、軟便傾向にあったのでずっとお薬を与えていたのですが。。。今は投薬の間隔をあけて様子を見ているところです。

それと嘔吐の回数がまた増えてきています。今までの嘔吐と違って、「ゼーゼー、ヒーヒー」という喘息のような荒い呼吸ののち、液状のものを少し吐く。気管支か肺に異常があるのか。

高齢になり、体のあちこちが弱っているのでしょうか。一つ収まったと思えば、別の支障が出始めて。その都度、心配と不安でおろおろしてしまう飼い主です。

猫の腎不全にはステージというのがあります。血液検査でわかるクレアチニンの値で四段階に区分します。数字が大きいほど腎臓病が進んでいることを示します。

猫は多飲多尿の症状が出たときはすでに腎機能の3分の2が失われているそうです。ショック。。。。

先日、血液検査をしたついでに先生にうちの子のステージを尋ねたところ、「一概に数値だけでは決められないんですよ」とのこと。なるほど。ただ、数値的にはステージ2の終わり。失われた腎臓の機能が回復することはないので、せめてここで食い止めたい。

2017年春にメディアに取り上げられたラプロスの投薬を始めるか?(このお薬は動物用医薬品として初めて「腎機能低下の抑制」という効能が認められたお薬)。

ただ、直接的に機能低下を抑制するというより、私の理解では、血流を改善したり、炎症を抑制したりすることによって総合的に腎機能の低下をゆっくりにする、というもの。直接というより間接的な効能なんだろうなぁ。。。

うちの子の主治医は積極的に投薬を勧めるというよりも、患者側の要望があれば出すけれど過剰な期待は禁物。まずは食餌療法が大事というスタンスのようでした。

5月に予定している血液検査の結果によっては導入するかもしれません。それまではネットで導入済みの猫(の飼い主)さんからの評価をリサーチしておこうと思います。

下痢止めや吐き気止めのお薬と違って、「機能低下抑制」というお薬は、本当にそれが猫のためかを考えなければなりません。

どの道、寿命は決まっている。そうであるならば、少しでもよい状態を保てるよう輸液でも投薬でもなんでもすればよい、というのも一つの考えです。一方、輸液や投薬で、機能低下して苦しい状態の体のままで生きる時間が少々延びる、というのであれば、悩ましい。

あまり先のことを考えすぎてもよろしくなくて、その都度その都度、懸命な判断をするしかない、のだろうなぁ。



なかなか食べてくれるものがなかったウェットタイプの療法食でしたが、ようやく一つ見つかりました。「フォルツァ10」というイタリアのメーカーが出しているウェットタイプの腎臓病療法食で、ラムとチキンに米が少々。

まず、100gのパウチを8等分して冷凍します。メインはドライですが、横に解凍したウェットフードを皿に入れて出しておく。

最初の5日は出してはカラカラに干からびたものを捨てるという毎日。これじゃあ埒が明かないと思って、6日目にごく少量を私が手で取って、強制的に口の中に放り込んでみました。

口を開けるときは嫌がっていましたが、吐き出すわけではなく、飲み込んでいました。でも、その日は自分から食べに行くことはせず。

変化があったのは7日目。自分から食べに行きました。しかし、8等分したものはあと1個しか残っていない。慌ててネットで購入し、与えてみると、また食べない。また同じプロセスを繰り返し、今度は3日目で自主的に食べ始めました。

この「フォルツァ10」というブランドはグレインフリーなので穀物アレルギーかもしれないうちの子には積極的に与えたいフードなのですが、ドライフードの方は今のことろ見向きもしない。根気強く与え続けてみようと思います。

腎臓病の猫ちゃんの飼い主さんは皆フードの悩みを抱えていらっしゃると思います。通常食からの切り替えがとても難しいので。よっぽど不味いのだろうな。

ただ、猫専門のドクターのブログで読んだのですが、根気よく与え続ける(切り替え期間をしっかり設定する)と9割の猫はほとんどの療法食を食べるのだそうです。たしか切り替え期間は1か月以上と書いてあったような。

なるほど。今までは1週間くらいで諦めてました。食べないと心配になるんですよね。高齢猫の体重減少は寿命に直結するっていうし。それで、食べないよりはましと思って非療法食の缶詰を与えてしまったり。

高齢猫の腎臓病は、死(寿命)が向こうから刻々と迫ってくるようなものなので言いようのない不安とストレスを感じます。うちの子の場合、癌の再発というのもありますが、こっちはもう飼い主には如何ともしがたく、神仏ご先祖さまに祈るしかなし。

すべての猫さんが幸せでありますように。
posted by Livingrowth at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢猫の手術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182843911
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック