組織は 人が 生きて 成長する場
Living & Growth
そこが活力と熱中とプライドでみなぎる場所となるためのお手伝いをいたします
リビングロース・コンサルティング株式会社のホームページはコチラ

2018年02月21日

高齢猫の手術35(超音波検査)

一昨日からうちの子の状態がよくない。グルテンフリーの泌尿器系に配慮したフードに切り替えて以降、半年いい感じだったのに一昨日、突然、前触れなく下痢。

連日の嘔吐。1日のうちに3回。

昨日から食欲もなく。これは癌の手術前と同じ症状。

再発したのかと暗い気持ちで、今朝、動物病院へ連れていく。

まず、触診。次に超音波。そして、血液検査。その結果を待って皮下輸液(簡易の点滴)。

良い情報と悪い情報あり。良い方は、腸の触診と超音波診断の結果、明らかな癌の再発の兆候はないとのこと。また、前回の血液検査で悪かったカルシウムが正常値に入っていた。

悪い結果は、腎臓病の悪化を意味するBUNとクレアチニンの数値がかなり悪化。肝臓の肥大(炎症?)を示す値も正常値を外れていた。

癌の再発の兆候はない、というのはとてもうれしい。少なくとも腸閉塞を起こすほどの癌はないということ。

腎臓病の悪化はショックだけれど、こちらは食事療法を徹底するしかない。癌は打つ手がないけれど、腎臓病は進行を遅くすることは飼い主の努力で可能だから。

昨夜は今まで以上に「再発だったらどうするか」を考えた。縁起でもないけれど、腸閉塞の再発だと飼い主として強い心をもっていないといけないから。

もう手術はしないと思っているのだけれど。手術をしないのであれば、意味のない検査もしないし、延命もしない。自然な最期を迎えられるように。

でも、延命って何だろう。腎臓病の子にとって、皮下輸液をすると脱水症状が回復するし、吐き気も収まることがあるそうだ。

でも、では、ずっと皮下輸液を続けるのか?猫にとってはつらい状態を長引かせるだけではないか?

考えておかなくてはならないけれど、やっぱり、そのときになってみないとどうすべきかわからない。

飼い主のエゴで執着(猫にとって酷な延命)はしたくないけれど、だからと言って、簡単に諦めたくはない。

結局、どこまで行っても飼い主のエゴには違いないのだけれど、執着と諦めの間をしっかりと見極められたらいいなと思う。
posted by Livingrowth at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢猫の手術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182473947
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック