組織は 人が 生きて 成長する場
Living & Growth
そこが活力と熱中とプライドでみなぎる場所となるためのお手伝いをいたします
リビングロース・コンサルティング株式会社のホームページはコチラ

2017年12月28日

2017年仕事納め

今年最後の提案書を書きクライアントへ発信。今年も色々あったけれど無事仕事納めできました。ありがとうございます!

11月まで仕事漬けだった反動で、12月は来年に向けた提案書作成以外はのんびりと過ごしました。そして、久しぶりに人とたくさん会って、たくさんの刺激を受け、新たな情報や視点をインプットできました。

うちの子のがん手術以来、お客様先へ伺う以外は自宅に引きこもる日々がもう1年7か月続いているので、外出は本当に久しぶり。

主に企業サイドで責任ある立場で人材育成や組織開発、事業開発や経営に携わっていらっしゃる方々が多く、お話をうかがっていて勉強になることばかり。お返しすることが少ないのが申し訳ない気持ちですが、多くの方に言われたのが、「すごく楽しそうですね」ってこと。

へぇ。そう見えるんだ。これからやりたいと思っていることをしゃべっていたからかな。本人的には楽しいというより、テンションが上がってる感じなんだけれど(それを楽しいというのでしょうか)。ちょっと恥ずかしいけれど嬉しい、かも。

12月に書いた提案書はいずれも新しい要素を入れてみた。新しいと言っても、「全くやったことがない」というわけではなく、「従来のやり方に新しい要素、隣接領域の手法を3割程度位入れてみた」という感じ。

私にとっては、人事制度、リーダーシップ開発、アセスメントは従来領域。取り入れた新しい要素は組織開発と事業開発(組織開発に関しては今年1年実績を積んできたので本格的に打ち出すよって意味です)。

事業開発に関しては「技術×ファイナンス×イノベーション×経営」というハイスペックな業務提携先も見つかった。弊社の強みである「人×組織」とのコラボレーションで面白いことができそうです。

とは言え、取り組みはスタートしたばかり。「人」の領域は企業側も私たちのような外部専門家にすんなりと任せて下さるが、「事業×組織」となると、ビジネスの本丸、経営の根幹に関わってくるので、そう簡単には扉を開いてくださらない(本当は「人」こそ経営の根幹なんだけど、経営者は意外とそこは人事部任せの方が多い。そのせいか、「人」単体で仕事を請け負うと、ビジネスの本丸、経営の根幹まで到達できず、ということが多い。「人」×「組織」×「事業」揃ってこそのチェンジマネジメントだとつくづく悟った2017年)。

「九敗」でも次の「一勝」を信じて諦めず、3年くらいかけてじっくり育てていきたいと思っています。と言うわけで、年末年始は勉強したいことが山ほどある。

社会人になってウン十年。自分で動いた転機が2回、降ってわいた転機に乗ったのが1回。今度のは乗るのと動くののハイブリッド型転機になりそうな気がする。来年は刺激的な年になりそうで、怖嬉しい。とりあえず体力はつけとこう٩(๑>∀<๑)۶ハート(トランプ)Fightハート(トランプ)

それでは皆さま、良いお年をお迎えください。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
posted by Livingrowth at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサルタント道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181969344
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック