組織は 人が 生きて 成長する場
Living & Growth
そこが活力と熱中とプライドでみなぎる場所となるためのお手伝いをいたします
リビングロース・コンサルティング株式会社のホームページはコチラ

2016年09月21日

手術

今日、手術した。今度は私。猫ではない。

首筋に小さなイボみたいな突起があり、見た目が悪いので、レーザーで焼いてもらおうと思い、近所の病院に行ったところ、「これはイボではありません」とのことで、切り取る手術をしたのだ。

良性の腫瘍らしいけれど、念のために病理検査に出している。

半世紀以上生きているけれど、体にメスを入れたのは初めて。麻酔も虫歯治療以外では初めて。

だから、恥ずかしながら、緊張したし、怖かった。

今日、切ったのは直径5ミリくらいのマッチ棒の先っぽのような突起物(他のは1ミリ程度だけど、これだけ大きい)。

突起物の周りに麻酔注射を打って、切開して、腫瘍を根から切り取り、縫い付ける。

切られても全く痛みはなかったけれど、お医者様の手が当たる感覚はある。何よりも気持ちが悪かったのは、糸で縫い付けられているときの感覚。痛くはないけれど、糸が皮膚をズズズッと通るときの不気味な音と触感。あー。。。

先生が看護師さんに、「黒ナイロン」とか、「一番太い針でいいよ」とか言ってるし。。。あー。。。

肩の傷というのは、場所的にケロイド状になりやすいのだそうで、「ケロイドになりにくいように盛り上げて縫ってますから、見てびっくりしないでね」と先生。

どんなんや。。。。

明後日消毒に行って、一週間後に抜糸。盛り上げて縫っているのが1年くらいかけて平坦に戻るのだって。それが一番傷が残りにくいそうだ。

はぁ〜、怖かった。

抗生剤と痛み止めをいただく。痛み止めは、先日の帯状疱疹のときの吐き気とむかつきの原因かもしれないので、今のところ飲んではいない。

首に三個、二の腕に一個、同じ腫瘍がある。こっちは全部1,2ミリくらい。放っておいても悪性腫瘍になることはないそうだが、徐々に大きくなる可能性はあるらしい。

だったら、ということで、切除することにして、手術の予約をした。

健康って大事だな。日々の生活習慣から改めなくては。
posted by Livingrowth at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体メンテナンス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176968418
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック